働くのが楽しくなる「おしゃれな作業服」を選ぼう

作業服1

従業員(社員やパートなど、以下「従業員」)にとって、職場の作業服は大切な存在です。作業服は仕事のたびに身に着けるものだけに、会社経営者は慎重に選びたいもの。そのためには、どのような作業服がよいのか迷うこともあるでしょう。

機能性だけでなく、デザインを意識する必要があるかもしれませんね。ここでは、働くのが楽しくなる「おしゃれな作業服」の条件についてお話していきます。

作業服は「企業の顔」

まず、作業服は「企業の顔」になることを知っておきましょう。企業情報は、タウン誌や求人情報サイトなどで紹介されることがよくあります。また、企業を訪れる人も少なくないでしょう。そのような場合、従業員の接客態度や職場内の雰囲気を見られるのは、いうまでもありません。

それと同時に、従業員が着ている服装も見られているのです。企業のイメージが良いと、取引先や顧客アップにもつながります。また、就職希望者の増加にも結びつくでしょう。このような理由から、作業服選びは大変重要な役割を持っています。

従業員が気に入ることが大切

作業服10

作業服を決めるときは、現場の声を反映する必要があります。作業服は企業で購入したものを従業員に貸与するところが一般的です。また、作業服の買い替えは一斉に行うことが多いだけに、単価が高いものを選ぶと費用にも反映されてきます。

そのため、少しでも安く抑えたいのが本音かもしれませんね。しかし、作業服選びで大切な条件は、実際に着用する従業員が気に入ることです。そのためには、予算内に抑えることを意識しながらも、おしゃれなデザイン選びを考えましょう。

着心地が良い作業服

作業服はおしゃれなだけでなく、着心地が良いことも欠かせない条件です。仕事現場の状況は部署によっても異なります。部署によっては、外気の影響をストレートに受けることも少なくありません。そのような中で仕事をするためには、防寒や防湿などに優れた素材選びが望まれます。

また、秋冬用と春夏用など、季節によって変えることも必要かもしれませんね。さらに、体を動かしたときに違和感のない素材やデザインも大事です。例えば、しゃがんだときに背中が出ないなど、ちょっとした工夫があると、仕事のパフォーマンスアップにもつながります。

洗濯がしやすい作業服

作業服を選ぶときは、洗濯がしやすいかどうかも重要です。作業服を一括してクリーニングに出す企業もありますが、従業員が持ち帰って洗濯するところも多いのではないでしょうか。自分で洗濯する場合は、洗濯機を利用することが多いですよね。

やはり、気を使わずに洗濯機を回せるものが理想的です。また、洗濯後に乾きやすいことやシワになりにくいなど、素材選びも大事なポイントだと考えられます。

若い世代に人気のデザイン

作業服のデザインや色を職場内で統一する企業がある一方、部署ごとに分けるところも少なくないでしょう。作業服選びに際しては、機能性が大事なことはいうまでもありませんね。その上で、従業員の年齢層を意識したいもの。

若い世代に喜ばれるような、格好の良い、おしゃれな作業服を選択肢に入れましょう。例えば、上着に異なった色のラインが1本入るだけでも、作業服のイメージが変わるかもしれません。

熟年世代にも人気のデザイン

作業服のデザインを決めるときは、若い世代だけでなく、熟年世代に気に入ってもらうことも大切です。そのためには、個性が強すぎるデザインよりも、無難なデザインが向く場合もあるでしょう。ゆったりと着られるデザインを選ぶと重宝されるかもしれません。

もちろん、これはどの年代の人にもいえる話です。作業服のデザインは1種類だけでなく複数から選べるなど、ちょっとした工夫が必要かもしれませんね。

男性に人気のデザイン

作業服の好みは、男女によって異なる場合もあります。そのため、男女それぞれのニーズに寄り添うことが大切です。男性用の作業服には、上下別々のものや、ツナギスタイルなどがあります。作業服で目立つのはズボンよりも上着ですよね。

そのため、上着のデザインを重視するとよいかもしれません。もちろん、シルエットを意識したデザイン選びも考えたいところです。また、作業服の色も大事ですよね。こちらは、キャメルやネイビーなどに人気があるようです。

女性に人気のデザイン

作業服を決めるときは、女性の声を無視することができません。作業服を購入するときは、女性が仕事をしやすいものを選びましょう。作業服の中には、女性用が好むデザインが多く登場しています。その中から、動きやすさを重視しながらも、おしゃれなデザインを探すと良いでしょう。

なお、男女問わず、スーツのようなデザインの作業服や、デニム素材の作業服などもあります。また、男女兼用タイプの作業服も少なくありません。これらの作業服のなかから、機能性やインナーとの組み合わせなどを考えながら選ぶと良いですね。

サイズが合わなかった作業服は配送や郵送で返却できることも

ほかの人があこがれるデザイン

作業服を新しくするときは、従業員が気に入るものを選ぶことが大切です。そのためには、作業服を着用する本人だけでなく、まわりの反応を意識する必要があります。特に、ほかの人からの意見は重要ではないでしょうか。

同じ部署で働いていると仲間の存在が気になります。また、別の部署へ行き来するときは、その部署ならではの雰囲気を感じますよね。職場の雰囲気を左右する要因として、もちろん、人間関係を見逃すことはできません。その上で、視界に入るものも大切です。

もし、かっこいい作業服を目にすると、その作業服を身に着けたくなるかもしれません。作業服選びに際しては、ほかの人から評判の良いものを選びましょう。

事前アンケートを取る

作業服を新しくするときは、従業員に対して「事前アンケート」を行う方法があります。経営者や担当部署だけで決めてしまうと、従業員との間に意識のズレが生じることにもつながります。その結果、従業員との間に微妙な空気が流れるかもしれません。

企業の業績アップには職場内の団結がものをいいます。そのためにも、従業員の声を反映することが大事ではないでしょうか。

働くのが楽しくなる作業服を選ぼう

作業服に着替えると「仕事モード」に切り替わります。作業服を着用することで、一気に緊張感が高まることもあるでしょう。適度な緊張感を保ちながら、楽しく働くためにも作業服選びは大切です。従業員がいきいきと働き続けるためにも、作業服の新調時には、機能性がよくて、おしゃれな作業服を候補に入れると良いでしょう。

作業服に関する情報は、インターネットで簡単に収集できます。お馴染みの作業服だけでなく、これまで目にしたこともない作業服も多数あるため、企業にとって最適なものを選びましょう。